■ 第76回 防塵挺身隊 報告書 » date : 2017/08/24  
2017年4月15日(土)、
第76回 防塵挺身隊が土浦市蓮河原の湖岸線に出動しました。

久々に古巣でもある蓮河原前です。
かれこれ10年以上も継続してゴミを拾っている場所です。
さぞかしゴミは少ないのでは・・・と思っていたのが甘かったです。
住民によって大量のゴミが不法投棄されていたからです。

それも引っ越しで不要になったゴミをまとめて捨てて行ったのです。
丁度、入学や入社、転勤などの移動の時期と重なったこともあって、
堤防の上から湖岸線に投げ捨てられたゴミが目立ちました。
そんなことで、まともな社会生活が出来るのでしょうか?


photo1


女性物の衣類や健康器具、壁掛け時計、ソファーなど、
それまでの生活でお世話になった一つひとつを捨てて行く・・・
そんなことが平気で出来る神経を疑います。

31名の参加者は、捨てられているゴミの種類に呆れ返りながらも、
藪の中に捨てられ、雨に濡れて重量の増したゴミを懸命に拾い集めたのです。


photo1


土浦市蓮河原は、土浦駅から霞ヶ浦総合公園へと向かう道すがらで、
いわゆる霞ヶ浦の表玄関です。
そんなところがゴミだらけだなんて、
霞ヶ浦を財産だと思っている僕たちには許し難い状況です。

ゴミのない美しい霞ヶ浦を後世に残す・・・これこそが僕たちの使命だと思います。
平気な顔でゴミを捨てて行く、厚顔無恥な連中なんかに負けられません。
続けていれば、ゴミは確実になくなります。
それを合言葉にゴミを拾い続けます。

この日は4月の馬鹿陽気で、真夏のような暑さでした。
不思議なことに防塵挺身隊の出動日は雨天の確立が極端に低いです。
きっとお天道様もニコニコ顔なのでしょう。
31名の参加者は汗だくになってゴミの回収に努めたのであります。


photo1


回収したゴミの量は、可燃ゴミが93袋、不燃ゴミが13袋、
栄養ドリンク瓶は595本以上を回収しました。
また、粗大ゴミとしては、古タイヤ9、ビデオプレイヤー1、消火器2、
壁掛け時計1、アブサークル1、注射器1、フライパン2、ソファァー2、
女性物衣装大量、水道ホース20mなど、
心ない人による不法投棄が大量に回収されました。

人間が排出したゴミを回収することで、湖水の汚濁や化学物質の混入を防ぎます。
さらに、水生植物帯の保全ができ、生物相を豊かにします。
それが安全で安心な水の確保に繋がります。
我々、防塵挺身隊の活動の原動力がここにあります。

今回回収されたゴミは、一般ゴミを土浦市環境衛生課様が、
粗大ゴミや危険物は霞ヶ浦河川事務所様がその処理を引き受けて下さいました。
行政のご協力を得て、ゴミの処理は適正に行われました。
また、毎回参加くださいます高橋建設(株)の皆様、大変にご苦労様でした。
ご協力、ご支援下さいました皆様に心より御礼、そして感謝申し上げます。


●回収したゴミの量:
可燃ゴミ(45リットル袋) 93袋(ペットボトル918本を含む)
不燃ゴミ(45リットル袋) 17袋(缶6と瓶7を含む)
      尚、栄養ドリンク瓶は595本以上を回収。
粗大ゴミ 古タイヤ9本、ビデオプレイヤー1個、壁掛け時計1台、消火器2本、
生ビール樽1個、水盆1個、レジャーシート1、フライパン2個、ポリバケツ2個、
ソファー2個、タイヤホイール1本、注射器1本、ゴムボート1隻、
アブサークル(健康器具)1台、薬瓶多数、流木少し

» category : 防塵挺身隊 レポート ...regist » 2017/08/24(Thu) 12:00