« ご寄付 | TOP | ご寄付 »

第35回 防塵挺身隊・霞ヶ浦部隊 2010 開催リポート
報告:吉田 幸二

boujin35_100612_014.jpg

第35回 防塵挺身隊・霞ヶ浦部隊 2010 開催リポート
報告:吉田 幸二

2010年6月12日(土)、35回目となる防塵挺身隊が桜川に出動しました。
少し前までは6月とは思えないぐらいの寒さでしたが、この日は快晴無風
の天気で、夏を思わせる陽気でした。

boujin35_100612_003.jpg

午前8時に霞ヶ浦河川事務所土浦出張所に集合した34名の面々は、
朝のミーティングでそれぞれの役分担を確認してから、
陸上、ボート、分別、運搬の各班に分かれ現場へと向かいました。

boujin35_100612_004.jpg

boujin35_100612_005.jpg

蓮河原の湖岸線にはそれほどのゴミは見当たりませんでした。
これは霞ヶ浦の水位が落ちていることに加え、ヨシが生育してしまった
ことで、ゴミが草に覆われてしまったことが原因でした。

boujin35_100612_006.jpg

反面、桜川の水面には、上流から流れ着いた漂着ゴミが山盛りありました。
出動したボートはアルミ艇が2隻、マルト艇が2隻、洋汀丸1隻の計五隻
でした。ボート班は桜川や手野の湖岸に漂着したゴミを回収し、
ピストン輸送して、水面を覆っているゴミを除去しました。

boujin35_100612_002.jpg

boujin35_100612_009.jpg

boujin35_100612_010.jpg

boujin35_100612_011.jpg

ボート水上班によってゴミが運び込まれると、分別班によってゴミが
手際よく分別されて行きます。ペットボトル、瓶、缶、可燃ゴミ、
不燃ゴミ、粗大ゴミ、危険物などに分別されたゴミは、45リットルの袋に、
ペットボトルが20袋、ビンが7袋、カンが3袋、農薬系ボトル2袋、
レジャーボール2袋、そして、可燃ゴミが52袋の計86袋でした。

boujin35_100612_007.jpg

その他のゴミとして、テレビ5台、タイヤ10本、プレイステーション1台、
掃除機1台、コンポスト1基、冷蔵庫1台、消火器2基、ビールケース2個、
オイル・ペンキ缶(中味入り)4缶、ワンボックス用バンパー1台、
ギターケース1個、パラソル2本、ルアー11個、保温パイプ1束、
エロDVD22枚、境界線杭6本、携帯電話2台、
医療系のゴミとしては尿パック1個、薬瓶7本、注射器1本などが
回収されました。

boujin35_100612_008.jpg

boujin35_100612_013.jpg

今回も憤慨するようなゴミが出てきました。中味が入ったまま投棄
された冷蔵庫です。桜川に漂っていたものを回収したのですが、
正にパンドラの箱でした。中には腐った食料品が入っており、
そのため分別場所には腐敗臭が充満してしまいました。

boujin35_100612_001.jpg

boujin35_100612_012.jpg

また、相変わらずテレビの不法投棄が多いです。
リサイクル料金を徴収されることから、これらのゴミが投棄される
のでしょうが、来年の地デジ化に向けて不安がより膨らみます。

boujin35_100612_015.jpg

水辺の清掃活動は悪臭と苛立ちとの戦いでもありますが、
今回は本当に参りました。
流域住民の皆さんには、呉ぐれも良識ある行動で、水辺にゴミを
投棄しないことをお願いしたいです。

boujin35_100612_017.jpg

■主催
NPO法人 水辺基盤協会

■主協賛
 

■その他協賛
ワールドバスソサエティー  グランパスヨット  マルトボート 

■後援
(社)霞ヶ浦市民協会  国土交通省霞ヶ浦河川事務所  土浦市環境衛生課  土浦市環境保全課  霞ヶ浦環境科学センター 

■参加人数
33人

■ゴミ回収量
可燃ゴミ:45リットルゴミ袋52袋
不燃ゴミ:45リットルゴミ袋0袋
空き缶ゴミ:45リットルゴミ袋3袋
空きビンゴミ:45リットルゴミ袋7袋
ペットボトル:45リットルゴミ袋20袋
粗大ゴミの回収量:軽トラック3台分
(テレビ:5台 冷蔵庫:1台 タイヤ:10本)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/3685