« ご寄付 | TOP | 第20回 津久井湖 53 PickUp! 春の陣 2010 開催リポート
報告:高須 勉 »

第28回 霞ヶ浦クリーン大作戦「53Pick Up!春の陣」2010リポート
報告:吉田 幸二

kasumigaura_100516_010.jpg

第28回 霞ヶ浦クリーン大作戦「53Pick Up!春の陣」2010 開催リポート
報告:吉田 幸二

2010年5月16日(日)、
第28回霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up!・春の陣」が、
お陰様をもちまして無事に終了いたしました。
ご協力戴きました皆様に心より御礼申し上げます。

kasumigaura_100516_001.jpg

当日は五月晴れの汗ばむほどの陽気で、日頃親しんでいる霞ヶ浦へ
清掃活動による恩返しが出来ました。今回の参加者は202名
(大人164名、中高生5名、小学生24名、幼児8名)で、
湖岸から回収されたゴミの量は1,190kgに及びました。

kasumigaura_100516_002.jpg

kasumigaura_100516_003.jpg

kasumigaura_100516_008.jpg

kasumigaura_100516_009.jpg

ゴミの内容としては、ペットボトルや空き缶などの飲料系ゴミは
相変わらずの多さでした。これらに加えてリサイクル家電製品の
テレビとか、不要になった石油ストーブ、毛布、ソファ、
さらには電動式の介護ベッドなど、常識では考えられないゴミが
沢山ありました。
流域住民のモラルや社会ルールの欠如が感じ取れる清掃活動でした。

kasumigaura_100516_004.jpg

その一方で、国土交通省霞ヶ浦河川事務所職員の皆さん、
土浦市の職員の皆さん、霞ヶ浦問題協議会や土浦青年会議所の皆さんと、
行政、他団体、民間が一体となり、霞ヶ浦の間近の問題に取り組む
「53 Pick Up!」の姿がありました。

kasumigaura_100516_005.jpg

kasumigaura_100516_007.jpg

霞ヶ浦に集う人々の共通の目標『霞ヶ浦の水質浄化・湖岸ゴミの全除去を目指す』同時に、『自助自立の精神で拾い上げたゴミの処理は自分たちで行う』と言う二つのスローガンのもとに、釣り人から発信された新しいスタイルの清掃活動は確実に根ざしたのです。

kasumigaura_100516_006.jpg

■主催
NPO法人 水辺基盤協会

■主協賛
 

■その他協賛
高橋商事(株)  ワールドバスソサエティー  イマカツ  VAGAVONDO  ウッドリーム  エバーグリーン・インターナショナル  (有)エルビーエヌ  O.S.P  カツイチ  (株)がまかつ  (株)ゲインコーポレーション  ゲーリーインターナショナル(株)  (株)SUNLINE  (株)デプス  (株)ハートマン  プロズファクトリー  松屋ボート&タイフーン・マリーナ  マルキュー(株)  山本光学(株)  Luckycraft  カハラジャパン(株)  (株)ウキウキ  ルアー&ボート リード  プロショップランカーズ  (株)アルバン  一竿堂  うらしま堂  開発crank  グランパスヨット  第一三共ヘルスケア  (有)つり具藤岡  (株)ティムコ  (株)デュエル  メガネのスエナガ  (株)モーリス  高橋建設(株)  (有)池田家商店  メガバス(株)  江戸物  阿部塗装店 

■後援
霞ヶ浦水辺ふれあい事業実行委員会  (社)霞ヶ浦市民協会   (社)土浦青年会議所   霞ヶ浦問題協議会  土浦市   かすみがうら市   茨城県   霞ヶ浦環境科学センター   水資源機構   国土交通省霞ヶ浦河川事務所  NPO法人 水辺基盤協会 (財)日本釣振興会  (株)ワールドスポーツ 

■参加人数
202人

■ゴミ回収量
可燃ゴミ:0リットルゴミ袋0袋
不燃ゴミ:0リットルゴミ袋0袋
空き缶ゴミ:0リットルゴミ袋0袋
空きビンゴミ:0リットルゴミ袋0袋
ペットボトル:0リットルゴミ袋0袋
粗大ゴミの回収量:1190kg
(テレビ:3台 タイヤ:5本)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/3667