« 第11回 可児市小渕ダム53 PickUp! 2009 開催リポート
報告:足立 剛宗
| TOP | 第15回 大野ダムクリーンアップ 2009 »

第12回 関市中池公園 53 PickUp! 夏の陣 2009 開催リポート
報告:井上 修司

nakaike_090809_004.JPG

第12回 関市中池公園 53 PickUp! 夏の陣 2009 開催リポート
報告:井上 修司

2009年8月9日(日)12回目となります
53PickUp!夏の陣 in 関市中池公園を開催しました。
曇り空で直射日光の攻撃は避けられたものの、
蒸し暑い中でのゴミ拾いとなりました。
今回の参加者は55名となり、中池を大事にしてくれるバサーが
たくさんいることをお互い確かめることができました。

nakaike_090809_001.JPG

最近、大きなバスが釣れるとのうわさもあって
中池に訪れるバサーの数は多く、
釣り具のゴミも比例して増えているように感じました。
今回参加してくれた子供の中では
「タバコの吸殻が多すぎる!気持ち悪いからやめて!」
という意見も聞かれました。
考えてみると大人が捨てたゴミを子供が掃除するというのも
おかしな話で普通は逆ですよね。

nakaike_090809_002.JPG

こうした子供たちを見て、改めて自分もしっかり
マナーを守らなければいけないと思いました。
吸殻も他のゴミもポイ捨てするのは簡単ですが
それを拾い集めるのはたいへんです。
その事に気付いていただき、マナーを守って
釣りをして欲しいと思います。
今回の回収量は可燃5袋、不燃1袋でした。

ゴミ拾いを終えた方から順次、主催者手作りの
カキ氷を食べていただきました。
この時間を待っていましたとばかりに20人の子供達が行列をなし、
うれしそうにカキ氷の冷たさを味わっていました。
もちろん大人も池を一周した疲れを癒していたようです。

nakaike_090809_003.JPG

カキ氷の食べ終わりを待ち記念撮影。
その後は大変貴重な協賛品でのビンゴ大会を行いました。
みなさん気になるルアーを横目に見ながら
出てくる数字に一喜一憂。
それでも全員に素敵な協賛品をご苦労様の気持ちを込めて配れた事を
各協賛会社様にご報告すると共に感謝申し上げます。

今回過去最高の参加人数でしたがメジャーでも何でもない
関市中池公園にこれだけの人が集まるのは
このゴミ拾いイベントにバス釣りの未来を託している人たちの
気持ちの表れではないかと思います。
私たちにはゴミのポイ捨てをやめさせる力は無いかもしれませんが、
ゴミを拾う力は十分にあります。

そして参加してくれた人たちには
マナー良く釣りをする力が十分にあります。
これからもこのイベントを通して気持ちの良い輪が大きく広がって、
関市中池公園がきれいな釣り場になっていけばいいなと思います。

nakaike_090809_005.JPG

■主催
NPO法人 水辺基盤協会

■主協賛
 

■その他協賛
Office ZPI   (株)スミス  ルアーショップ アンドウ  ワールドバスソサエティー 

■後援
FB'S  NPO法人 釣り文化協会  (財)日本釣振興会岐阜県支部 

■参加人数
55人

■ゴミ回収量
可燃ゴミ:45リットルゴミ袋5袋
不燃ゴミ:45リットルゴミ袋1袋
空き缶ゴミ:0リットルゴミ袋0袋
空きビンゴミ:0リットルゴミ袋0袋
ペットボトル:0リットルゴミ袋0袋
粗大ゴミの回収量:0

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/3494

コメント

中池53、お疲れ様でした。
どこの会場でもそうですが、子どもたちは正直ですね。
霞ヶ浦では子どもに、「釣り糸って土の中から生えてくるの?」と質問されて、大いに恥ました。
釣り人のゴミが少しでもなくなるように、頑張っているものの、
捨てる人数に拾う人数が追いつかないのが現状です。
でも、続けていればゴミを捨てない釣り人が増えて行くと思います。
そんな日が来るのを楽しみに、子どもたちと一緒に頑張りましょう!

スタッフの皆さん、当日参加くださった皆さん、御苦労様でした。

吉田さん、いつも多大なるご援助ありがとうございます。
おかげさまで今回も釣り人のマナーの輪が広がりました。
特に子供たちの成長ぶりは本当に頼もしいかぎりです。
これからもよろしくお願いします。