« 第26回 防塵挺身隊 2009 開催リポート
報告:吉田 圭子
| TOP | 第一回小さな防塵挺身隊 2006 開催リポート
報告:吉田幸二 »

第11回 関市中池公園 53 PickUp! 冬の陣 2009 開催リポート
報告:井上 修司

nakaike_090201_005.JPG

第11回 関市中池公園 53 PickUp! 冬の陣 2009 開催リポート
報告:井上 修司

2009年2月1日(日)この場所で11回目となる
53PickUp!冬の陣in関市中池公園を開催しました。
参加者は全部で47名。2月の冷たい北風が吹く中、
参加者たちはそれを吹き飛ばす勢いで
元気いっぱいゴミ拾いをしました。

nakaike_090201_002.JPG

今年の中池はオフシーズンにも釣り人の姿が途絶えず、
われわれがゴミを拾っている時にもバス釣りを
楽しんでおられる方がみられました。
その影響もあってか湖岸には放置されたラインが多くみられました。
中池公園ではここに生息する白鳥の生活を守る活動を
している団体があり、過去釣り人が残していくこうしたゴミで
トラブルが起きて何回も釣り禁止になりかけたことがあります。
われわれとしては自主的にこうしたゴミを
拾うことしかできません。

nakaike_090201_003.JPG

みなさんも中池に釣りに来た時普段からこういったゴミを見つけたら
拾っていただきたいと思います。
そうすれば中池で末永くバス釣りが楽しめると思います。
今回の回収量は可燃3袋、不燃1袋でした。

ゴミ拾いの後は協賛各社から頂いた釣り道具で
ビンゴゲームをしました。
世の中が不況にもかかわらずタックルボックスなど
豪華な協賛品をたくさん頂きまして参加者一同
大変感謝しております。
特に現在バス釣りに夢中になっている少年たちに
良い物が当たって喜ぶ姿が印象的でした。

nakaike_090201_004.JPG

その後、みなさんに水辺基盤協会への入会の紹介、
参加して頂いたZPI社員様からの宣伝などをして頂き、
主催者で準備したカレーおでんで温まって最後としました。
寒い中、コンブとカツオダシの効いた暖かいカレーおでんには、
おかわりを求める子供達やオジサンが殺到し
あっという間に完食となりました。
中にはご飯持参の参加者もあり、こうして思い切り食べて頂けて
がんばって用意したかいがありました。

nakaike_090201_006.JPG

今回も多くの参加者に支えられ何とか無事にこのイベントを
成功させることができました。
特に笑顔でゴミ拾いをする子供達の姿を見て、
自分達が利用する釣り場をきれいにするこの活動の意義を
また再確認しました。
釣り具のゴミがあるということは
マナーの悪い釣り人がいる証拠でもありますが、
このイベントでマナーの良い釣り人がこれだけの人数で集まって
お互いの存在を確認できたことは
これからお互いがマナー良く釣りを続けていく心の支えになるでしょう。
これからもこのイベントを通して肩肘を張ることなく
正しい行いをみんなで続けていければと思いました。

nakaike_090201_001.JPG

■主催
NPO法人 水辺基盤協会

■主協賛
Jackall Inc. 

■その他協賛
(株)スミス  ルアー&フライアンドウ  ワールドバスソサエティー 

■後援
FB'S  NPO法人 釣り文化協会  (財)日本釣振興会岐阜県支部 

■参加人数
47人

■ゴミ回収量
可燃ゴミ:45リットルゴミ袋3袋
不燃ゴミ:45リットルゴミ袋1袋
空き缶ゴミ:0リットルゴミ袋0袋
空きビンゴミ:0リットルゴミ袋0袋
ペットボトル:0リットルゴミ袋0袋
粗大ゴミの回収量:0

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/3375

コメント

中池53、ご苦労様でした。
寒い中にもかかわらず、皆さんで心温まる清掃活動の出来たことに、心からの拍手を送ります。

毎回のことですが、それにしてもカレーおでんは美味そうですね。
是非一度、ご相伴にあずかりたいと思っています。

責任者の井上さん、スタッフの皆さん、そして参加くださった皆さん、お疲れ様でした。きっと素敵な春のバスフィッシングが味わえますよ!

吉田さん、いつもご支援ありがとうございます。
カレーおでんは冬の中池53を暖かくするにはどうしたらいいか考えて生まれたものです。これも一つの釣り文化ですよね。
これを食べるといよいよ中池にも春の訪れが近いです。今からわくわくしてきます。これからも中池でのバスフィッシングを楽しみたいです。