« 第13回 大野ダムクリーンアップ大作戦 2008 開催リポート
報告:井上 薫
| TOP | ご寄付 »

第23回 防塵挺身隊・霞ヶ浦部隊 2008 開催リポート
報告:吉田 幸二

boujin23_080920_006.JPG

第23回 防塵挺身隊・霞ヶ浦部隊 2008 開催リポート
報告:吉田 幸二

第23回 防塵挺身隊が34名の参加者によって無事に終了しました。
当日は、13号台風の影響で開催が危ぶましたが、
霞ヶ浦の神の御加護により台風は早々に去ってくれました。
そのお陰で、総勢34名の熱き戦士たちは、
8月のゲリラ豪雨による漂着ゴミとの戦いに勝利することが出来たのです。

今回は2時間弱の活動で、45リットルのゴミ袋に可燃ゴミが81袋、
不燃ゴミはビンが7袋、カンが6袋、電球蛍光灯などが0.5袋、
レジャー用ボールが1袋、農薬系のボトルが1袋の計96.5袋でした。
他には、電子レンジ1台、折り畳みベッド1基、浴槽1つ、
タイヤ4本、絨毯1枚、20Lポリタンク3個、苗代プレート8枚、
農業用ビニール1m3、オイル缶2個、ペンキ缶2個、ヘルメット3個が、
水辺から拾い集められ処分することができました。

boujin23_080920_001.JPG

毎回のことですが、電子レンジやベッド、浴槽、古タイヤ、
さらには、注射器や薬瓶など、
巨大で悪質なゴミを捨てている流域住民への憤りを感じてしまいます。
しかし、多くの人が水辺に関心を持ち、
何らかの形で水辺を訪れることで、
これらのゴミの不法投棄は防げると思いますので、
流域住民の皆さんの目を水辺に向けてもらえれば......と思います。
霞ヶ浦のこの水は、飲み水であるのだから。

boujin23_080920_002.JPG

boujin23_080920_003.JPG

boujin23_080920_004.JPG

今回の清掃活動でも、一般ゴミの処理を土浦市が、
粗大ゴミや危険物の処理を国土交通省霞ヶ浦河川事務所が
引き受けてくれましたので、
参加くださった皆さんから徴収した参加費の500円は、
傷害保険料と弁当、飲み物代に充当させていただきました。
関係各位のご協力に心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。

また、今回はGBAのアートゴミ袋を使用して清掃活動を行いました。
カラフルなゴミ袋が並んだ光景は圧巻でした。

boujin23_080920_005.JPG

■主催
NPO法人 水辺基盤協会 

■主協賛

■その他協賛
東洋ゴムグループ環境保全基金 

■後援
国土交通省霞ヶ浦河川事務所  国土交通省霞ヶ浦導水工事事務所  土浦市市民生活部 

■参加人数
34人

■ゴミ回収量
可燃ゴミ:45リットルゴミ袋81袋
不燃ゴミ:45リットルゴミ袋2.5袋
空き缶ゴミ:45リットルゴミ袋6袋
空きビンゴミ:45リットルゴミ袋7袋
ペットボトル:0リットルゴミ袋0袋
粗大ゴミの回収量:相当量

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/3289