« ご寄付 | TOP | 第11回 芦ノ湖 53 PickUp! 夏の陣 2008 »

第7回 野尻湖 53 PickUp! 夏の陣 2008 開催リポート
報告:安武 敬明

第7回 野尻湖 53 PickUp! 夏の陣 2008 開催リポート
報告:安武 敬明

梅雨時期真っ只中の周囲の景色も緑が一段と濃くなった
長野県・野尻湖にて通算7回目となる「53Pick Up! 夏の陣 in 野尻湖」が
開催されました。
今回も昨年と同じく「TIEMCO SUPER 2DAYS」の2日目のイベントに
併せての開催とさせて頂きました。

開催日の天候は残念ながら前夜から一日を通して雨風ともに
非常に強い状況の中で行われ、開催タイトルは「夏の陣」というよりも
「雨の陣」??のネーミングでちょうどピッタリと言った感じ?(笑)

午前中は全国各地から来て頂いている参加者に出来るだけ
釣りをして頂ける時間を設け、清掃活動は午後からの開催ということで、
初心者の方やご家族連れの方で希望者を対象におかっぱりイベントを
企画していましたが、非常に残念ながら降り頻る雨と風で
運営側の判断で野外でのイベントを中止させて頂きましたが、
その代わり野尻湖公民館2F室内にてTIEMCOプロスタッフの方々から
一人ずつ丁寧に和気藹々としたムードで釣りセミナーをして頂きました。

参加者の皆さんは非常に熱心に聞いて頂けたご様子でした。
午前中はそんなリラックスした室内でのイベントで
盛上がって頂けた事と思います。

そんな中、同時進行として午前中には日釣振主催で野尻湖の
湖底清掃が国際村のプール付近をメインに行われましたが
一般のゴミや古タイヤなどが多くルアーやワームの数は
思っていた程、少なかったようでした。

午前中のイベントが終了する時間帯には雨もつかの間の昼休み状態
となり小ぶりになってきたので午後のゴミ拾いは雨も止んで欲しいと
祈るばかりでした・・・・

今回は昨年と同様に締切りの時点で全国から130名ほどの申込みがあり、
恐らく当日の参加者も入れれば150名程が受付に来て頂けると予測して
おりましたが、あいにくの雨もあり来られない方も想定すると
100名くらいかなぁ・・・・等と思っていましたが、ナント!!
受付の蓋を空けてみるとビックリ!!
大変な雨にも関らず思い通りの150名を突破じゃあ~りませんか!!
154名の方々にご参加受付を頂きました。

開会式では後援としてご来賓の方からご挨拶がありNPO水辺基盤協会理事、
日釣振長野支部長、中部支部長、長野県内水面漁場管理委員の塩澤美芳様と
野尻湖漁業協同組合長の石田和夫様に長野県でのリリース禁止の問題や
野尻湖をこれからも皆の手で守っていこう!というお話しがあり
多くの釣り人の皆さんに伝わったように感じました。

その後、エリアの説明をさせて頂きましたが雨の中での開催の為、
例年よりも清掃エリアを縮小させてプロスタッフの方も全員で
レインコートを着用しゴミ袋を片手に参加者の皆さんと一緒に
ゴミ拾いを行って頂きましたがやはり野尻湖はゴミが少ない!
参加者の皆さんは「ゴミを探すのが大変」「本当にゴミが少ない湖ですね」と
感心された言葉がありました。

野尻湖は普段から釣り人のモラルがきちんと守られている事もあり
目に付く範囲ではゴミが殆ど見当たらない位の本当にキレイな湖です。
しかしながら、目の届かないほんの一部分の場所には
纏ったゴミがあったようです。

帰着時間となり続々と参加者が会場の帰着受付所に帰還し
帰着受付を済ませ、つかの間の雨の合間に集合写真をパチリ!
雨で魚のテンションは上昇傾向ですが参加者の皆さんは
テンション下がり気味のように感じましたがこの時はとばかりに
ガッツポーズを決める方や後ろ向きでお立ちになられる方など・・・・(笑)
多種多様な様相で集合写真が収められました。

そして雨の陣一行はスピードくじ&オークション会場である公民館の
2Fへと来場。
スピードくじでは今回の協賛品が参加者の皆さんに配布され
オークションではプロスタッフの方々から頂いた血と!汗と!涙!に
溢れた協賛品を出展して頂き会場もヒートアップ!
今回のオークションの売上金¥77,000となり今後も野尻湖で
バスフィッシングが継続して楽しんで継続していけるよう運営費として
一旦プールさせて頂く事とさせて頂きました。
ご協力頂きました方々にはこの場をお借りして心より感謝申上げます。

最後にNPO水辺基盤協会理事長の吉田幸二様、今年も野尻湖に
全国からの参加者を集い大いに盛上げて頂きました(株)ティムコ 
霜田社長様より水辺を愛する心得をお話しして頂きました。

今回このように大変な雨にも関らず全国各地から野尻湖を愛する大勢の
方々に53Pick Up!にご参加頂き、心から厚くお礼を申上げるとともに
裏方で運営のお手伝いして支えてくれたFB'sSociety長野の皆さん、
㈱ティムコの皆さん、アウトドアステーション・バンバンのみなさん、
SUN'S CLUBのみなさん、彼らの助けが無ければこの成功は絶対に
無かったことだと思います。
そして今回この53pick Up!の企画を一緒に携わって頂きました
(株)ティムコの吉澤様に心より厚くお礼を申上げます。

53Pick Up!夏の陣in野尻湖
責任者 安武敬明


■主催
NPO法人 水辺基盤協会 

■主協賛
(有) エバーグリーンインターナショナル 

■その他協賛
アウトドアステーション・VANVAN  Angler's Shop Terry's  ウッドリーム  エバーグリーン・インターナショナル  O.S.P  (有)オジーズ  かめや釣具店  ゲーリーインターナショナル(株)  SUN'S CLUB  (株)SUNLINE  シースピリットJr.&一番館  (株)シマノ  (株)ジャッカル  スピンネーカー  (株)スミス  釣りビジョン  (株)ティムコ  (株)天龍  野尻湖高原キャンプ場  野尻湖マリーナ  花屋ボート  ピノキオ  FINA  (有)府中屋  POSEIDON BOATS  BOCCOM  ほとり荘  マルキュー(株)  メガバス(株)  Majorcraft  (株)モーリス  吉野屋  Luckycraft  らんかぁ倶楽部  野尻 レイクサイドホテル  ワールドバスソサエティー  BAIT&TACKLE karil  TugUp  チャプター野尻湖  相羽純一  北大祐  ランバージャック 

■後援
信濃町  (財)日本釣振興会長野県支部  野尻湖漁業協同組合  野尻湖水上安全協会  (株)ティムコ 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/3228