« 第5回 いわき 53 PickUp! 春ですよ~の陣 2008 開催リポート
報告:坂下 仁一
| TOP | 第17回 淀川53 PickUp! 金週の陣 2008 »

第10回 愛知三河湖 53 PickUp! !『冬の陣』 2008 開催リポート
報告:黒野 守

第10回 愛知三河湖 53 PickUp! !『冬の陣』 2008 開催リポート
報告:黒野 守

今年の冬の陣 3/30に第9回三河湖53UPが開催され参加をしました。
例年より暖かい日が続いていましたが、当日は気候が冬に戻り
寒い一日になりました。
おまけに天気もどんよりしていつ雨が降ってもおかしくない状況でした。
そんな状態でも参加者は、思ったより多く60人を超える多くの方達が
集まりました。

さて、目的のゴミ拾いですが、道路にはほとんどゴミが
落ちていなかった。(53UP活動が浸透して釣り人や観光客は、
ゴミをおいていかなくなったことを願う)
そこで、ダムの水位が何時もより少なく湖畔におりてみると、
今まで水位があってやれなかった場所には、まだまだゴミが
沢山残されている事に気が付つました。

木の枝と枝の間には、釣り人が飲んだと思われる空き缶やペットボトルや
食べ物のパッケージなどが多く捨てられていた。
ゴミの中には、毎回、家庭から持ち込まれたテレビ・PC・タイヤなども有り、
何でー??? どうしてぇ~???わざわざ、捨てに来るの!!! て思います。

捨てる物の分別は、人としての最低ルールだと思っているのに
まだ自分勝手な人が多いんだ~ つくずく思います。
全国で、ボランティアで、清掃活動が行われているのに、
全然意味が分かっていない。
それだけでなく、きっとゴミの分別しないで捨てれる人は、
温暖化で地球の変化や自然破壊の状態にも、まったく興味がないと言うか
関心がないと思う。
それでは、どんどん住みにくい状況に変化していっていることが
解っていないと思う。
そんなこったで、回収したゴミは、何時もより多く回収されたように感じた。

まぁーゴミ拾いも無事に終わり、参加者、全員に豚汁と五平餅が
振舞われました。

寒さもあって、豚汁は体も温まり、五平餅も三河湖のどこの店でも
美味しくボリュームが有りお腹いっぱいになりました。
食事も食べ終わる頃に恒例のオークション・ジャンケン大会が行われ、
皆さんで盛り上がり楽しい時間を過ごせれました。

天候もなんとか開催中は、もち無事に終了する事が出来ました。

■主催
NPO法人 水辺基盤協会 

■主協賛
(有) エバーグリーンインターナショナル 

■その他協賛
ワールドバスソサエティー  (有)府中屋  マイルストーン  釣具の杉本  クリンチノット  中央漁具  谷山商事  イマカツ  メガバス  エバグリーン  deps  バスディ  エコギア  ティムコ  クワエットファンク  ウスグモ  KANJI  ハンドサム  コーモラン  ZPI  サンヨーナイロン  ジップベイツ  ヒロ内藤 
■後援
豊田市下山支所住民福祉課  豊田市環境部清掃業務課  豊田市下山観光協会  愛知県西三農林水産事務所(羽布ダム管理所)  三河湖漁業協同組合  下山共栄会  香恋の館  かじか苑  うなぎ屋  三河路  腰掛山荘   やまびこ  (有)エフ  (有)増岡組  スピーディオート  B.I.Gフィッシングクラブ 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/3184

コメント

 三河湖53、お疲れ様でした。今回もたくさんの人が参加してくれたんですね。素晴らしい!
で、水辺のゴミを拾えるのは釣り人の特技です。道路などのゴミは誰でも拾えるのですが、水辺のゴミを拾うのには、危険が伴うことや、ゴミが異常に汚れていたりで始末が悪いのですが、普段から水に慣れ親しんでいる釣り人の務めでもあります。
 今回は減水と言うことがあって、普段は水底のゴミで拾い辛いものが、拾えたことはとても有意義なことだと思います。
責任者の藤根さん、レポートを提出してくれた黒野さん、スタッフの皆さん、そして参加くださった皆さんに心より御礼申し上げます。ありがとうございました。
 また会いましょう!