« 第11回 牛久沼 53 PickUp! 冬の陣 2008 開催リポート
報告:大関 則彦
| TOP | 第12回 53 PickUp! 木崎湖 春の陣 2008 »

第24回 霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up !・冬の陣」 2008 開催リポート
報告:吉田幸二

第24回 霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up !・冬の陣」 2008 開催リポート
報告:吉田幸二

2008年2月24日(日)、茨城県土浦市の土浦新港にて24回目となる
霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up !・冬の陣」が、
開催され無事に終了したことをご報告申し上げます。

当日は前日の爆弾低気圧通過の影響により、
強風下での開催となりましたが、
大人263名、中高生10名、小学生以下21名、
計294名ものご参加をいただき、誠にありがとうございました。
参加費の合計は270,100円でした。

私たち水辺基盤協会の清掃活動の基本精神、
『ボランティアや奉仕の活動ではなく、人として当たり前のこと』
を日本国民の胸に深く刻み込むための活動に、
国土交通省霞ヶ浦河川事務所、霞ヶ浦導水工事事務所、
霞ヶ浦環境科学センター、土浦市などの行政の皆さんに加え、
霞ヶ浦問題協議会、(社)霞ヶ浦市民協会、(社)土浦青年会議所など、
市民団体の皆さんが一丸となってご協力くださったことに、
感謝申し上げます。

今回は諸般の事情より、
これまで室内会場で行っていた慰労会ができませんでした。
そこで、(株)ラクスマリーナさんにお願いをして、
ホワイトアイリス号の待合室になっている会場と付帯設備をお借りしました。
会場で配布する軽食は、北浦の潮来マリーナさんにお願いをして、
300人前のトン汁とオニギリを用意していただきました。
毎回出動してくださる武州中仙道蕨宿黒鱒倶楽部の池田昌信さんご兄弟が、
熱々の玉こんにゃくを大盤振る舞いしてくださいました。
皆さんの心のこもった対応で、何とか無事に慰労会も開催でき、
主催者として胸を撫でおろせましたことを心より御礼申し上げます。

次代に繋げることこそが大切ですよ......
と教えてくださった当協会の小林研一副理事長より、
子供たちが楽しめるようにと沢山のおもちゃをいただきました。
魚釣りは老若男女を問わずに楽しめます。
でも、ゴミ拾いは?

大人たちが率先して行う清掃活動を見ることによって、
子供たちには「ゴミを捨てない」という意識が自然と身に着くでしょう。
子供たちが違和感なく奉仕活動を行える環境作りは、
私たちにとってとても重要で大切な場作りでもあります。
だから、ゴミ拾いのご褒美として、
子供たちが楽しめる空間作りを心掛けています。

水辺の清掃活動は、そこに住む人にとっては当たり前のことです。
水辺をゴミのない美しいままで次代に伝えることは、
水辺から大きな恵みを受けている私たちにとって、
感謝と尊敬を込めた当たり前の活動です。
また、私たちのように釣りを楽しむものにとっての清掃活動は、
魚釣りを楽しませんてくれる水辺への
感謝を込めたお礼の作業です。

楽しい魚釣りをありがとう。
健康な魚のファイトをありがとう。
子供たちに命の大切さを教えてくれてありがとう。
私たちの飲み水を守ってくれてありがとう。
などなど、水中の生物たちへの感謝の気持ちの表れなのです。

今回も2590kgのゴミを回収処理することが出来ました。
拾い集められたゴミの中には、
古タイヤ24本、テレビ3台、電子レンジ1台、便器3個、
ガスボンベ1本、車のエアロパーツ1台分、スーツケース2個、
巨大クマのぬいぐるみ1個、スロットルマシーン1台、
船外機1台、自転車数台、バッテリー3個、冷蔵庫のドア1枚、
テレビ用プロジェクターなどが含まれます。

10時30分のゴミ拾い終了時間には、
10tのコンテナが満載になるほどのゴミが拾い集められました。
恐るべし、霞ヶ浦のゴミ! であります。
故に、継続して行くことが大切なのです。

ゴミ拾い終了後には、記念撮影です。
皆さんのポーズは活動を成し得た達成感に満ちています。
撮影終了後はラスクマリーナに移動して、
いよいよ慰労会の始まりです。

今回はトン汁とオニギリ、玉コンニャクです。
トン汁とオニギリは、
潮来マリーナさんが朝5時から調理してくださった力作です。
玉コンニャクは霞ヶ浦53の名物になりつつある代物で、
埼玉県は蕨市の池田家商店さんからのご提供です。
焼き芋は、布川昭男さんのアキオ農園特産品です。
50本はアッと言う間になくなりました。

熱々のホクホクが参加者の皆さんに一回りしたら、
おかわりの開始です。
どんどん並んで、どんどん食べて!
味付け卵とフランクソーセージはセットで200円、
こちらはグランパスヨットとワングドゥードルの提供で、
売上の全てを水辺基盤協会にご寄付いただきました。
ありがとうございました。

霞ヶ浦「53 Pick Up !」の目玉はオークション、
今回も各方面より多大なご協賛をいただきました。
ありがとうございました。
大盛り上がりのその前に、今回は参加者の皆さんから寄付を募りました。
大人一口2,000円、子供一口200円の寄付です。
それぞれが173口と31口集まり、
計352,200円のご寄付をいただきました。
ご協力、ありがとうございました。

ご寄付をいただいたお礼......と言うわけではないのですが、
当協会会員であり、防塵挺身隊隊員でもあるミュージシャンの渡辺学さんに、
急遽ミニライブの開催をお願いしました。
あまりにも急で無理な注文にもかかわらず、
一緒に清掃活動に参加してくれたパーカッショニストのゴルゴ中山さんと、
「桜吹雪」と「明日へつながる道」の2曲をご披露してくれました。
急で無理な注文にもかかわらず快諾くださったお二人に、
心より感謝申し上げます。

また、霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up !・冬の陣」に
ご協賛くださいましたスポンサー各位に、
主催者を代表いたしまして御礼申し上げます。
オークション等での収入の全ては、
今回の諸経費や今後の当協会の活動資金とさせていただきます。

霞ヶ浦のゴミがなくなるその日まで、
私たちの清掃活動は休むことなく継続されますので、
今後もご支援ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。


最後に、私たち釣り人は、霞ヶ浦を利用させてもらっている者として、
『ゴミを持ち込まない、目についたゴミは拾って持ち帰る』の心構えで
釣り場に降り立つべきです。
ゴミのないきれいな釣り場で、楽しい釣りをいつまでも!
子供たちに誇れる霞ヶ浦を残そう!
自分たちの釣り場は自分たちが守る!
これが霞ヶ浦を愛する釣り人しての心掛けであり、心意気です。

「53 Pick Up !・冬の陣」にご参加くださった皆さん、
そして、ご支援ご協力くださった皆さん、
お陰様をもちまして無事に終了することができました。
誠にありがとうございました。
皆さんの温かい真心に心底より御礼申し上げます。

次回の霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up !・夏の陣」は、
2008年8月3日(日)行方市玉造・ふれあいランドでの開催を予定しています。
よりパワーアップして開催しますので、どうぞ宜しくお願いします。


■主催
NPO法人 水辺基盤協会 

■主協賛
(有) エバーグリーンインターナショナル 

■その他協賛
アウトドアステーション・VANVAN  (有)池田家商店  石川千雅子  潮来マリーナ  一竿堂  イマカツ  ウッドリーム  うらしま堂  エイ出版 Bass World  エバーグリーン・インターナショナル  O.S.P  (有)オジーズ  (株)がまかつ  グランパスヨット  KEITECH  (株)ゲインコーポレーション  国民宿舎「水郷」  小林研一  (株)SUNLINE  SHARK01  (株)ジャッカル  (株)スミス  第一三共ヘルスケア(株)  (株)ツネミ  (有)つり具藤岡  (株)つり人社  (株)ティムコ  (株)デュエル  (株)天龍  (株)ハートマン  バスデイ(株)ジップベイツ事業部  ピュアフィッシングジャパン(株)  (有)ヒヨコブランド  (株)フジヤマ  古山輝男  プロズファクトリー  松屋ボート&タイフーン・マリーナ 明邦化学工業(株)  メガネのスエナガ  メガバス(株)  (株)モーリス  山本光学(株)  吉田幸二  Luckycraft  幻冬舎コミックス  GRAYZ  アルバン(株)  大須賀 透  岸 順一  ワールドバスソサエティー  (株)ワングドゥードゥル  (株)ラクスマリーナ  赤嶺吉蔵 

■後援
茨城県霞ヶ浦環境科学センター  (社)霞ヶ浦市民協会  霞ヶ浦水辺ふれあい事業実行委員会 (社)霞ヶ浦市民協会  (社)土浦青年会議所  霞ヶ浦問題協議会  土浦市  かすみがうら市  茨城県  霞ヶ浦環境科学センター  水資源機構  国土交通省霞ヶ浦河川事務所  NPO法人 水辺基盤協会 霞ヶ浦問題協議会  国土交通省霞ヶ浦河川事務所  国土交通省関東地方整備局 霞ヶ浦導水工事事務所  土浦市環境衛生課  土浦市環境保全課  (社)土浦青年会議所  (財)日本釣振興会茨城県支部  茨城県土浦土木事務所 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/3157