« 墓石守り | TOP | 第1回 常陸川合同クリーン大作戦 2007 開催リポート
報告:須田昭博 »

第13回 津久井湖53 PickUp! 秋の陣 2007 開催リポート
報告:大串 伸吾

第13回 津久井湖53 PickUp! 秋の陣 2007 開催リポート
報告:大串 伸吾

去る11月18日(日)、秋晴れの好天候の中、
『第13回の津久井湖53 PickUp! 秋の陣』を開催することができました。
肌寒く、釣り日和のこの日に参加くださった皆様には心からお礼申し上げます。

 さて第13回を迎える今回の清掃では45Lゴミ袋で
燃えるゴミ 34袋
燃えないゴミ 10袋
エアコンの室外機やテレビ台、塗料缶詰めにされたプラスチック片など
の不法投棄物 6点を回収することができました。 
協賛してくださった各メーカー様、団体様と42人の参加者の皆様に
厚く御礼申し上げます。


さて今回の津久井湖は貯水率94%のほぼ満水状態。
なかなか水際に下りてゴミを拾える範囲が制限される条件下でしたが、
そこは釣り人の根性と装備です。

 水際のブッシュに入り込んだゴミは長靴着用で、それでも駄目なら
ボートに乗って次々と回収していく様は回数を踏んだ工夫が生かされた
清掃作業になりました。

そして今回の大物は、中村ボート前の道路で見つかったエアコンの
室外機でした。

ここは毎回参加者が重点的に回収する所なので新たに投棄されたもの
と思われます。不法投棄者への警告の旗だけではない防止策が必要と
されています。

午後からは恒例の、スポンサー各社からいただいた協賛品をめぐっての
ジャンケン&オークション大会を行いました。大人も子供も大奮闘です。
今年の釣り収めで、競り勝った景品が活躍してくれればこの上ない喜びですね。

以上で第13回津久井湖53Pick Up秋の陣を終了させていただきます。

今回の活動では初めて参加してくれた方が全体の約1/3と、津久井湖の
環境美化に協力してくれる釣り人がまだまだ出てくることを
伺わせてくれました。

この活動が、もっと津久井湖をホームレイクとする釣り人の間で広がり、
持続的に運営していけるよう、皆様のご協力を重ねてお願い申し上げます。

tsukuiko071118_011.jpg
東京都府中市から 井出さん

今回初めて参加させていただきました。
まず驚いたのは、釣り人のゴミよりも不法投棄などの粗大ゴミ、
産業廃棄物、家庭ごみが圧倒的に多かったことです。
茂みの中に隠すように、エアコンの室外機が捨ててあったのは
とても驚きました。

いつも道志川へ行くときに通っているときは津久井湖はとてもキレイな
湖だと思っていたので活動を終えてみて、こんなにも多くのゴミが集まる
ものかと思いました。このとても貴重な水源をもっと大切にしなくては
いけないと痛感しました。

子供達にとっても非常に貴重な経験になりました。
お天気も良く、活動後の昼食やイベントなどもとても楽しかったです。
残念ながら久々のバス釣りはボウズに終わりましたが、
大変有意義な一日を過ごすことができました。

市川さんをはじめ、スタッフのみなさん
大変お世話になりました、ありがとうございました。
次回も是非参加したいと思います。


■主催
NPO法人 水辺基盤協会 

■主協賛
(株)ティムコ 

■その他協賛
(株)スミス  津久井観光(株)  中村釣具店  沼本ボート  矢口釣具店  Luckycraft  ワールドバスソサエティー  プロショップ ヨコックス  Garden Junk by RUSTIC GOLD/MEMORY RANE 津久井湖畔   LURESHOP ZIP  プロショップフラッター  Boat and Trailer PRIDE  POPEYE 16WEST 相模原  SUNLINE  恩方バスフィッシングポンド  タックルファン  クレバー  O.S.P  津久井漁協  (株)シマノ 

■後援
津久井町観光協会  津久井町商工会  津久井遊船協会  津久井地域商工会連絡協議会 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/3109

コメント

津久井湖53、お疲れ様でした。拾っても拾っても、ゴミは無くなりませんが、拾わないともっともっと増えてしまう。だから、イタチごっこなどと諦めずに、ゴミを拾い続けて行く頑張りが、きっといつか花開くことでしょう。「岩割開花の桜花、咲かせた桜が朝日に映える」。来年もまた桜を咲かせましょうね。責任者やスタッフの皆さん、参加者の皆さん、ご苦労様でした。

お言葉、教訓にさせていただきます。ありがとうございました!