« 第17回 防塵挺身隊 霞ヶ浦部隊 2007 | TOP | 第10回53 PickUp! ~秋うらら~in 府中湖 2007 »

第12回 津久井湖 53 PickUp! 2007 開催リポート
報告:大串 伸吾

第12回 津久井湖 53 PickUp! 2007 開催リポート
報告:大串 伸吾

 去る8月5日(日)、気温35℃に達する炎天下の中、 
第12回の津久井湖 53 PickUp! を行い、
燃えるゴミ:37袋、燃えないゴミ:26袋、エアコンなどの不法投棄物:7点
を回収することができました。
 
協賛してくださった各メーカー様、団体様と40人の参加者の皆様に
厚く御礼申し上げます。

 今回私は、上流部道志川を中心にゴミを拾いました。
例年の夏の53では使い捨てられたバーベキューセット等のゴミまで
回収されるのですが今回はそのようなものもなく、
キャンプゴミもほとんどありませんでした。

tsukuiko070805_001.jpg

tsukuiko070805_002.jpg

 それを「大変な進歩」と受け止めるか、「当然のこと」として
受け止めるのかは意見の分かれるところと思います。

tsukuiko070805_004.jpg

 私は、壊れた洗濯槽を見つけました。炎天下の中このような大物を
持ち運ぶのは重労働ですが、通りすがったヤマベ釣りの方が、
「お疲れ様」と一言声を掛けてくれたのが大きな励みになりました。
53開始時には頂けなかった言葉です。

 例年見つかるはずのゴミがなかったこと、地域の方々の理解と
応援をいただけたこと。この二つの出来事は、津久井湖おける53が、
確かに良い方向に向かっていることを確信付ける成果だと思います。

 午後には夏らしくスイカ割りと、恒例の協賛各社様からご提供
いただいた景品を巡ってじゃんけん大会とオークションを行いました。

tsukuiko070805_006.jpg

tsukuiko070805_007.jpg

tsukuiko070805_009.jpg

 オークションでの売上金は津久井湖の環境保全へ有効に利用する
ための資金として当てさせていただいたほか、今回は私たちFB'sの
新潟支部の仲間も被災した新潟県柏崎市のおける震災への
義援金として1万円を社会福祉協議会を通じて被災地に
お送りさせていただきました。

 そして今回も汗滲む暑さの中、先の県議会議員選挙・相模原区
においてトップ当選を果たした、もとむら賢太郎議員も
応援に駆けつけて下さいました。

tsukuiko070805_008.jpg

 以上をもって、第12回津久井湖 53 PickUp! 夏の陣を
終了させていただきます。

 この活動がバスアングラーの間だけでなく、地元の関係者様方にも
認められた環境保全活動、しいては、子ども達と楽しんで湖の環境を
考える機会として、持続的に運営していけるよう、
皆様のご協力を重ねてお願い申し上げます。

参加者の声:町田市 双木君
 今回も自転車で自宅(町田)から津久井湖まで行き、
参加させてもらいました。当日は朝からとても暑かったのですが、
多くの参加者が集まって様々な場所でゴミ拾いをしていました。
僕は道志川に行ってゴミ拾いをしたのですが、津久井湖も夏水位
になっていて、本来は水没している場所も干上がっていて、
様々なゴミが落ちていました。その多くはタバコとビニール袋でした。
特に、タバコの量がとても多くて「ゴミを捨てるな!」と書いてある
立て看板の真横に捨ててあるのを見た時は怒りを覚えました。
 あと、道志川はアユ釣りで盛り上がっていたのですが、
絡まってハリの付いたままのアユ釣り用の仕掛けがあっちこっちに
落ちていて、非常に危険な状態でした。
 しかし、大勢でゴミを拾ったため、あっという間に
河原からゴミが無くなりました。
 その後は協賛品オークションで、欲しかったルアーがあったのですが、
僕はジャンケンですぐに負けてしまい、ほとんど商品は
もらえませんでした。でも、様々な方と釣りの話などができて、
とても楽しかったです。
そして、市川さん、参加者の皆さん、お疲れ様でした。
次回も是非参加したい思っているので、よろしくお願いします。
ありがとうございました。


■主催
NPO法人 水辺基盤協会 

■主協賛
(株)ティムコ 

■その他協賛
矢口釣具店  中村釣具店 < /a>  プロショップ ヨコックス  津久井観光(株)  津久井漁協  沼本ボート  Garden Junk by RUSTIC GOLD/MEMORY RANE 津久井湖畔  LURESHOP ZIP  プロショップフラッター  Boat and Trailer PRIDE  POPEYE 16WEST 相模原店  SMITH LTD.  (株)シマノ  恩方バスフィッシングポンド  タックルファン  クレバー  ワールドバスソサエティー 

■後援
津久井観光協会  日本釣振興会 神奈川支部  津久井湖遊船協会  津久井地域商工会連絡協議会 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/3051

コメント

津久井湖53、お疲れ様でした。暑さの下でのゴミ拾いは大変な作業ですが、バスがいるから頑張れる! バスフィッシングのために続けられる! そう思うと気合が入ります。でもね、肩の力を抜いて、気楽に構えて続けて行きましょう。どんな時代にも心の鍛錬につながる楽しみは必要なので、それが僕等の場合はバスフィッシング…と言うだけのこと。責任者やスタッフの皆さん、そして、参加してくださった皆さん、ご苦労様でした。