« 第10回 小山田池 53 PickUp! 夏の陣 2007 | TOP | 第13回 大江川 53 PickUp! 夏の陣 2007 開催リポート
報告:山田 昭雄 日置明生 »

第23回 霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up !・夏の陣」 2007 開催リポート
報告:吉田幸二

第23回 霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up !・夏の陣」 2007 開催リポート
報告:吉田幸二

2007年7月29日(日)、茨城県霞ヶ浦の霞ヶ浦ふれあいランドにて
開催されました第23回霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up !・夏の陣」が、
無事に終了したことをご報告申し上げます。

当日は空模様が心配されましたが、
さすがに善行でありますのでイベント開催の時間内は、
何とかお天気ももって楽しい水辺の清掃活動となりました。

今回は今まで22回開催してきた土浦の土浦新港を離れ、
初めての地である行方市玉造の霞ヶ浦ふれあいランドをベース基地に
新しい形の「53 Pick Up !」に挑戦しました。

新しい形とは、私たちの水辺の清掃活動の基本精神は、
『ボランティアや奉仕の活動ではなく、人として当たり前のこと』
を胸に深く刻み込むために、夏祭りと言うイメージで開催したことです。

祭りと言えば、
五穀豊穣や大漁祈願に代表される農作物や漁獲物への感謝の祭礼です。
しかし、一般市民にはその感覚がありません。
そこで、多くの人に生きとし生けるものへの感謝の気持ちを込めた祭りを
作り上げたかったのです。

水辺の清掃活動は、魚釣りを楽しませんてくれる水辺への
私たち釣り人の感謝を込めたお礼の作業なのです。
楽しい釣りをありがとう。
健康な魚のファイトをありがとう。
子供たちに命の大切さを教えてくれてありがとう。
私たちの飲み水を守ってくれてありがとう。
などなど、水中の生物たちへの感謝の気持ちなのです。

今回のイベントでは音楽を第一に考えました。
祭りにお囃子はつきものですからね。
NPO水辺基盤協会の会員であり、防塵挺身隊の隊員でもある渡辺学さんに
協力を依頼したら二つ返事で引き受けてくれました。
お囃子ではありませんが、ゴミ拾いで疲れた体を癒してくれる音楽を、
と言うことでお願いしました。Thank you so much!

毎回行っていたホテルでの慰労会ができませんので、
土浦商工会議所にお願いして土浦ツェッペリン・カレーを分けていただき、
調理器具の一切をお貸しいただいて会場にてカレーを配膳しました。
参加者の中には、『玉造なので玉造釣れッペリン・カレーだ!』
なんて命名した人もおり、皆さん美味しくいただきました。
なんと! 準備したカレーは300食でした。
ありがとうございました。

その隣では、毎回出動してくださる武州中・仙道蕨宿黒鱒倶楽部の
池田昌信さん兄弟が大盤振る舞いです。
無料で参加者にかき氷を300杯以上も振舞ってくれました。
小さいお子さんの中には「僕、5杯食べたよ!」、
「あたしは3杯! 3色!」なんて自慢ごっこをしてました。
ちなみに私は、6杯もいただきました。
ご馳走様でした。

さらに今回は、(財)日釣振茨城県支部の横溝副支部長のご協力で、
釣り大会も開催することができました。
会場の目の前が霞ヶ浦ですからこれを放っておく手はありません。
誰もが楽しめるウキと餌を使った小物釣りを楽しんでもらいました。

しかし、優勝は39.5cmのブラックバスで、
小物とは言い難い大物でしたが、ちびっ子たちにも魚が釣れて
きっと思い出深い素敵な夏休みになったことでしょう。
心から感謝です。

大人の楽しみとしては、
恒例のオークションが開催され、福袋の販売がされました。
MCグッチーとヤミー原の軽妙なトークに、
オークション会場は大爆笑の渦、大変に盛り上がりました。

また、W.B.S.ブースでは2000円の福袋が売り出され、
副賞のロッドやリールに購入者は喜々交々でした...残念!
ご協賛品をご提供くださったスポンサー各位に、心より御礼申し上げます。

売り上げの全ては今回の諸経費や、
今後のNPO水辺基盤協会の活動資金とさせていただきます。
ご協力、ありがとうございました。

さらに今回は、会場で参加者が楽しめるように...と、
グランパスヨットとワングドゥードルの協力で、
千本引きや輪投げなどのアトラクション・ブースも併設されました。

この輪投げには赤羽プロもはまっていたようです。
こちらの利益もNPO水辺基盤協会の活動資金として
ご協力いただけるとのことでした。
皆さんのお陰で活動できます。
今後共、NPO水辺基盤協会をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

この日の参加者は240名、参加費は208,300円となりました。
拾い上げ回収したゴミの量は、1480kgで処理費用は総額で15万円でした。
ゴミの量が普段の半分ほどなので、処理費用も半分で済みました。
ゴミの量が少ないと経費が削減されるのです。
その分、イベントに力を入れられます。嬉しいことですね。

そうなんです。参加者の皆さんが口々に言っていたのが、
「ゴミ少ないねぇ」と言うことでした。
それは今回の「53 Pick Up !」にも参加してくださった
狩谷さんを始めとする行方市の「かいつむりの会」の皆さんが、
常日頃から湖岸清掃をしているからです。
他の地域でも周辺住民の皆さんが、「かいつむりの会」のメンバーのように、
もっと霞ヶ浦を大切に思ってくれると、
湖岸のゴミはもっともっと減るんですけれど...ね。

そして、私たち釣り人は霞ヶ浦を利用させてもらっている者として、
『ゴミを持ち込まない、目についたゴミは拾って持ち帰る』
ぐらいの心構えで釣り場に降り立つべきなのです。
ゴミのないきれいな釣り場で、楽しい釣りをいつまでも!
子供たちに誇れる霞ヶ浦を残そう!!
これが霞ヶ浦を愛する釣り人しての心掛けです。

「53 Pick Up !・夏の陣」にご参加くださった皆さん、
そして、ご支援ご協力くださった皆さん、
お陰様をもちまして無事に終了することができました。
誠にありがとうございました。
皆さんの温かい真心に御礼申し上げます。

次回の霞ヶ浦クリーン大作戦「53 Pick Up !・冬の陣」は、
2008年2月24日を予定しています。
どうぞ宜しくお願いします。


■主催
NPO法人 水辺基盤協会 

■主協賛
(株)ティムコ 

■その他協賛 
土浦商工会議所  (株)デュエル  (株)スミス  プロズファクトリー  東レフィッシング(株)  (株)ゲインコーポレーション  VAGAVONDO  (株)つり人社  エバーグリーン・インターナショナル  (株)モーリス  (有)ヒヨコブランド  (有)オジーズ  イマカツ  O.S.P  アウトドアステーション・VANVAN  (株)ティムコ  SHARK01  DICTS PRODUCTS  RIPESTAR ac  (株)ダイナミックス  三共リゲイン(株)  (株)がまかつ  マーキュリージャパン  JT  うらしま堂  マルキュー(株)  POPEYE  松屋ボート&タイフーン・マリーナ  潮来マリーナ  釣りビジョン  (株)パートナーズ  エヴィスジャパン  (有)池田家商店  グランパスヨット  ウッドリーム  (株)ワングドゥードゥル  ワールドバスソサエティー 

■後援 
国土交通省霞ケ浦河川事務所  霞ケ浦環境科学センター  (独)水資源機構利根川下流管理事務所  (社)霞ケ浦市民協会  霞ケ浦問題協議会  (財)行方市開発公社  (社)土浦青年会議所  (財)日本釣振興会茨城県支部  土浦市環境保全課  かすみがうら市環境課  国土交通省関東地方整備局 霞ヶ浦導水工事事務所 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/3004

コメント

お疲れ様でした。
ご支援ご協力いただいた皆さんに心より御礼申し上げます。
ご意見ご感想など、気がついたことがありましたら、どうぞ書き込んでください。
ちなみに、来年の夏の陣ではトップウォータープラッガーによるキャスティング・ゲームも併設されます。どうぞよろしく!

わ~凄い!!!
楽しそうなゴミ拾いですね♪♪♪
私も行きたかったですぅ~(泣)
霞の53pick up!のように、子供たちにも『パパ・ママ♪今度いつゴミ拾い♪』なんて言ってもらえるような企画をしていきたいです!
吉田さん、スタッフの皆様方、本当に大変お疲れ様でございました。

みゆきちゃん、来年の夏はバージョンアップしちゃうから、是非、参加してくださいね。
楽しみに待っていますからね!
では、では…。