« 第7回 琵琶湖クリーン大作戦 GWの陣~53 PickUp! in 南湖 2007 Vol.10 開催リポート
報告:出口浩一郎
| TOP | 浄化槽フォーラム »

第10回 53 PickUp! 春の陣in千曲川 2007 開催リポート
報告:山崎秀幸



第10回 53 PickUp! 春の陣in千曲川 2007 開催リポート
報告:山崎秀幸

2007年4月15日(日)、千曲川にて53Pick Up!を行いました。
予報では天候が崩れそうだったので心配をしていましたが、
開催当日は穏やかな天気で、正に「春の行楽日和」でした。
そんな中、今回33名もの方に53Pick Up!へ参加いただけました。



集合会場の周りでは菜の花が咲き、桜のつぼみも膨らみだし、
春の訪れを感じる景色だったので、開会式の際に
「せっかくなので春の景色を楽しみながら行いましょう!」と
言ったのですが、いざ水辺まで行ってみるとゴミがたくさん
あったので、参加者の皆さんは春の景色を楽しむことなく
一生懸命ゴミ拾いをしてくれました。



ビニール・空き缶・ペットボトル・はたまた投棄されたストーブなど
の粗大ゴミまで、様々なゴミが集められました。
その数34袋とその他の粗大ゴミ。
集合会場の周りには、ほとんどゴミがなかったのですが、
ほんの少し離れただけの水辺はゴミだらけ。
川の宿命と言いますか、上流から流れてきたり風で飛ばされて
来たり、持ち込まれ捨てられてしまった物がほとんどです。
たとえ故意でなくとも落としたり、風で飛ばされたりしたものが
このようなゴミになってしまうので、一人一人がそうならないように
注意すれば、このゴミは少しでも減るのではないかと思います。



ゴミ拾いの後は、恒例のジャンケン大会を行い、協賛メーカー様・
ショップ様よりいただいた品を参加者皆様にお渡しし、
53Pick Up!を終了しました。
ジャンケン大会の時は、春の景色を楽しんでいただけたかなと思います。

今回で千曲川での53Pick Up!は開催10回目となりましたが、
相変わらずゴミは減りません。
しかし拾わなくては水辺のゴミは減らない。
それどころか拾わなければ下流や海にまで流れてしまいます。
それを少しでも食い止める為にも、気持ちよく釣りを楽しむ為にも、
今後も千曲川での53Pick Up!を行っていきたいと思います。


■主催
NPO法人 水辺基盤協会 

■主協賛
(株)サンライン 

■その他協賛
アウトドアステーション バンバン  SUN'S CLUB  Angler's Shop Terry's  (株)スミス  (株)シマノ  (株)がまかつ  エコギア  ノリーズ  ワールドバスソサエティー 

■後援
小布施町  千曲川漁業協同組合  日本釣振興会長野県支部 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/2959

コメント

千曲川53、お疲れ様でした。拾っても拾ってもごみは無くなりません。でも、諦めたらそれまでです。ゴミはどんどんたまる一方です。今できる最善を尽くす。これが「53 Pick Up !」の基本精神ですから、諦めずに活動を続けて行きましょう。責任者やスタッフの皆さん、また参加された皆さん、ご苦労様でした。小さな活動でも継続によって大きな活動になります。頑張りましょう!