« 最高と最悪 | TOP | 第6回 53Pick up! 夏の陣 in 野尻湖 2007 »

第8回 愛知三河湖 53 PickUp! 冬の陣 2007 開催リポート
報告:藤根 銀二&北島

第8回 愛知三河湖 53 pick up 2007開催リポート
報告:藤根 銀二&北島

桜が散り始めた今日 4月8日(日) 53pickUP in三河湖が開催されました。
ゴミアップの日が近づき天気予報を確認すると、毎度の事ながら天気は雨。
やっぱりかと思い迎えた当日、天気は晴れ。今回は何かが違うと感じた。
8時30分の受付開始に時間前から大勢の人が集まってくれた。

しかし、9時の開始時間になったがいつもの見慣れた面々がいないことに気づく!
4月に入り新しい生活が始まったり、県議会選挙と重なったのも
人数減の要因でしょう。と前向きに考え、
集まってくれたメンバーでゴミ拾い開始。

肌寒い気温のなか道路を歩きゴミを拾っていたら
タバコの吸殻や空き缶が落ちていました。
道路のゴミは確実に減っていると思い歩いていると
釣り場の看板が・・・ ここを湖に近づいて行くとやっぱりゴミがありました。
拾ってみると新しそうなゴミは少なく土に埋まった古いゴミがよく目立った。
下から上を見上げるとよく見える古いゴミたち。

掘り出してみるとバラバラにされ捨てられた原付、家庭から出たであろう
と思われるビニール袋に入ったビンや缶。
ここに何年も埋まっていたのでしょう。かわいそうに。
我々に拾われホッとしてるはずです。
次に道路沿いの斜面に行ってみると空き缶が多く捨てられていました。
車から投げやすいのか結構落ちてました。

見える空き缶をすべて拾っていると2人組の釣り人(おじさん)が
「ゴミ拾いか?」と声を掛けてくれました。
「そうです」と返事をするとおじさんは
「俺たちも自分のゴミはちゃんと持って帰るよ」と言ってくれました。
ゴミを持って帰るのは当たり前のことですが言われてすごく嬉しかった。
53UPをやってよかった。そして釣り人にもゴミを持って帰るという意識が
浸透していると確信した。

いつもより少ないメンバーでもたくさんのゴミを拾い集めることが出来た。
今回感じたことは道路のゴミがほとんど無くなっていた。
釣り場に続く道でもゴミが減っており不法投棄も少なかったように思えた。
そして釣り人のマナーが向上した! 53UPの心が釣り人に伝わってきた。
次はこの道を通る観光客、ドライバーにも伝わったらいいなぁ。
次回の夏の陣、今日よりもゴミが減っていることを願う!! 

■主催
NPO法人 水辺基盤協会 

■主協賛
(株)サンライン 

■その他協賛
ワールドバスソサエティー 

■後援

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/2923

コメント

三河湖53、ご苦労様でした。
毎回のことながら、53当日には天気がとても気になります。魚釣りの日、以上にね。
でも、それらの心配りが、人々にも伝わります。やがて、釣り人を通じて、一般の人たちにも…継続は力です。地道に頑張りましょう。責任者の藤根さん、参加者の皆さん、お疲れ様でした。