« とどまる塊 | TOP | 第10回 高滝湖53PickUp!冬の陣! 2007 »

第14回 霞ヶ浦防塵挺身隊 2007 開催リポート
報告;吉田幸二

第14回 霞ヶ浦防塵挺身隊 2007 開催リポート
報告;吉田幸二

2007年の一回目、今回で通算14回目となります防塵挺身隊 霞ヶ浦が、
2007年1月27日に出動しました。
当初の予想を遙かに上回り、な、な、なんと19名の参加に、
隊員各位の心意気を感じ取った次第でありました。

午前9時に土浦市田村船溜まり前に集合した19名の隊員は、
ゴミの散乱の様子を目の当たりにして一瞬たじろいだのですが、
そこは百戦錬磨の強者たち、
すぐに気を取り直して清掃作業に取り掛かりました。



2時間でキレイになるのだろうか?
不安は、ものの10分で吹き飛びました。
もの凄い量のゴミが隊員たちの活動によって、
瞬く間に回収されていったからです。



二時間後、田村船溜まりは一片のゴミもないほどになっていました。
 為せば成る為さねばならぬ何事も...
隊員の活躍によって、アシの上を覆っていたゴミは、
見事に回収されたのです。

作業中、土浦市民の方が通りかかって、
「ご苦労様!」と声を掛けてくれました。
また、ゴミ袋代に使って...と千円の浄財をいただきました。
この様な方がいることを大変嬉しく思い、
人の情けのありがたさへの感謝を再認識した次第です。
ありがとうございました。
ゴミ袋代として使わせていただきます。

防塵挺身隊は、人の情けにふれることの出来る作業です。
ボランティア? とんでもない! 
私たちは清掃活動の見返りとして、心の満足をいただいております。
ですから無償の奉仕ではありません。
「充足感」という大きな報酬を毎回霞ヶ浦からいただいているのです。
そして、人との出会いやふれあいも......。

この日、2時間で回収したゴミの量は、
可燃ゴミが71袋(土浦市指定の40リットルのゴミ袋)、
不燃ゴミが20袋(土浦市指定の40リットルのゴミ袋)、
タイヤ8本、冷蔵庫の残骸1個、消化器2本、パレット1台、
エビ魚礁用網パイプ3本、車のシート2基、電話機1台、
衣装ケース2個、バイクのカバー1個、レンコンボート1台、
携帯ヘラ釣り台1台、折れた釣り竿、脚立1脚、スノーボード1枚、
などなど、霞ヶ浦やその周辺にあってはいけないゴミが、
てんこ盛りでした。

このゴミがなくなる日まで、私たち防塵挺身隊は元気に出動します。
ご協力、ありがとうございました。

清掃活動終了後は、霞ヶ浦環境科学センターをお借りしての昼食会です。
今回参加費として徴収した500円は、
傷害保険料とゴミ処理費用に充当するはずでしたが、
土浦市環境衛生課のご支援により、
無償で回収処分していただきましたので、
傷害保険料を差し引いた金額で賄えるお弁当を用意しました。
すき家のトン丼です。
お茶は霞ヶ浦環境科学センターよりご提供いただきました。

また、村川勇介さんと稲川栄子さんよりお菓子の差入れをいただきました。
今回も参加いただいた住谷亮さんからアミノバリュー・コンク30本、
堤さんからはロイスのチョコレートをいただきました。
今回は堤さんの奥さんにもご参加いただき、大変ありがたかったです。
皆さんの暖かい御心によって、霞ヶ浦がまた少しキレイになりました。
ありがとうございました。

最後に、今回の出動に際し、
ご協力いただきました国土交通省霞ヶ浦河川事務所土浦出張所、
土浦市環境衛生課、霞ヶ浦環境科学センター、(社)霞ヶ浦市民協会、
(有)ワールドバスソサエティーの皆さんに、心より御礼申し上げます。


参加者一覧
吉田幸二(茨城)、安藤 崇(茨城)、堤 定一(千葉)、
渡辺 学(東京)、榎戸 冨(東京)、須田吉宏(東京)、
布川昭男(東京)、新井哲也(埼玉)、吉田圭子(茨城)、
武江健二(茨城)、齋藤匡宣(神奈川)、秦由利子(神奈川)、
竹川正孝(茨城)、升 秀夫(茨城)、升とし子(茨城)、
堤理恵子(千葉)、小野里巧(群馬)、住谷 亮(茨城)、
浜口幸一の皆さんにご出動いただきました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/2852

コメント

ご苦労様でした。
少しずつでいいから、霞ヶ浦にとって良いことをして行きましょう。
霞ヶ浦はご先祖様から代々お借りしている財産です。次代を担う人々に伝え残すためにも、私たちの出来ることをして行きましょう。
53ピックアップには、参加させていただきます。

今回は参加できませんでしたが、次回は参加します。二回分、頑張ります! ウッスッ!!

参加された皆さん、ご苦労様でした。
防塵挺身隊の活動って、本当にすごいですね。そして、改めて人間のできる事の可能性を確信しました。
未来に美しく緑溢れる釣り場を残すために、いま出来ることを私もして行きます。

次回の活動は3月17日です。塵芥除去作戦決行地は、霞ヶ浦湖岸から桜川東岸河口です。戦闘機の準備、心の準備に余念なく! 今回も拾い甲斐がありそうです。