« 第1回海辺の放置ゴミ調査とクリーンアップの日
in 深日港 2006 開催リポート 報告:吉田幸二
| TOP | 第1回海辺の放置ゴミ調査とクリーンアップの日
in 貝塚人工島 2006 開催リポート 報告:萱間修 »

第1回海辺の放置ゴミ調査とクリーンアップの日
in 西宮浜防波堤 2006 開催リポート 報告:萱間修

第1回海辺の放置ゴミ調査とクリーンアップの日
in 西宮浜防波堤 2006
 開催リポート 報告:萱間修

<西宮浜防波堤会場>

●運営委員の感想
予測よりはるかに漂着ゴミが多く、放置ゴミとの比率を
考えると、海上を漂うゴミの回収が必要ではと感じました。
一度ゴミ拾いに参加すると、次にゴミを捨てる人も減るの
ではと思います。大阪湾でも立入りが禁止されている
エリアがありますが、それがさまざまな活動を通じて
釣りOKのエリアに変えることができるなら、
続けていくことが必要だと思う。
次回は集客のための工夫(釣り大会をもう少し大きくして、
セミナーなども開いてみる等)をして、
もっと多くのアングラーに参加していただきたい。
(宮川靖)

親睦ミニ釣り大会ではソーダガツオが
エサ釣りで釣れていました。
兵庫国体のヨット部門の搬入が始まる前でしたが、
国体事務局で駐車スペースを確保していただき助かりました。
(宮川朗)

●参加者の感想
ペットボトルが異常に多い、ペットボトルを返却すれば10円とかにすれば? 飲料業界への働きかけ。釣り人と思われる仕掛け袋などのゴミは意外と少なかった。ゴミ溜りがゴミを生む。釣り人のマナーは向上していると思う(47歳男性)

思っていたより多く拾うのが大変でした。ここの意識の改善が必要かと思う。(35歳男性)

ペットボトルと飲食ゴミが多い。喫煙者のマナーももう少しかな。釣具屋のレジ袋を生分解にしてほしいかな。(39歳男性)

タバコの吸殻が大変目に付きました。思っていた以上のゴミの量で驚きました。このようなイベントを通してみんなが意識を高めていけばよいと思う。(27歳女性)

海の底に沈んでいるゴミもあると思うとぞっとします。釣り人全員が他人に注意できる人間になるべきです。(29歳男性)

浮遊ゴミが予想以上に多かった。持ち帰り用のビニール袋を常備しておくべきです。(24歳男性)

埠頭を利用している大半は釣り人であるため、全てのゴミは釣り人が出したものと一般の人は感じるだろう。(36歳男性)

このままにしていたら魚がどんどん死んで、釣りができなくなる。(10歳男性)

漂流してくるゴミは多いと思う。このような地道なキャンペーンをできるだけ参加しやすくして、より多くの人に呼びかけていってもらいたいと思う。(53歳男性)

●参加者数     大人25名 学生子供6人 合計31人

●ゴミの種類と量  合計21袋
漂着ゴミ=ペットボトル7袋
発泡クズ3袋
木クズ2袋
空き缶1袋
ナイロン袋1袋
プラスチック・ゴムなど7袋
その他、壊れた車輪クーラーなど  
放置ゴミ=1/3袋
(ほとんどが漂着ゴミです)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/2779

コメント

海の53、お疲れ様でした。
それにしても、海のゴミ、侮りがたしですな。ゴミの種類もさることながら、その臭いには参りました。ぼちぼちで良いですから、なが~くやって行きましょう。