« 第7回 府中湖 53 PickUp! 2006 開催リポート
報告:木山準一
| TOP | 2006年5月7日 こどもフェスティバルでの「子供釣り堀&釣り教室」 »

二人の恋は・・・

------------「ゴミ、見つけた」 Vol.6

ねぇ、ラジカセさん、貴女も捨てられたんだね。
そう、古いテレビさんと同様にね。
声はもう出ないの?
まだ、現役バリバリよ。でも、テープを回すモーターが・・・。
僕は逆に写るんだけれど声が出ないんだ。
二人を合体してくれると使えるんだろうけれど、
日本人は平気でものを捨て去るんだよねぇ。
嗚呼、淋しいなぁ。


---------------------------------------------------------------

皆さんの心の雄叫びレポートを待っています。
レポート提出には、都道府県と水辺の名称を必ず記入してください。
もちろん、画像があれば最高ですし、ハンドルネームでOKです。

メールはこちら!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/2676

コメント

経済産業省のPSE法(電気用品安全法)、時代に逆行していますね。環境のためにリサイクルが叫ばれる昨今ですが、お役人様はいったいどういう神経なのでしょうか?
誰かこれを阻止する政治家は居ませんかねぇ。環境省の小池百合子さん、身体を張ってくださいよ。環境破壊が進んじゃいますよ!

湖畔の人様

コメント、ありがとうございます。
仰るとおり、どうして先の先まで見越した政策がとれないのでしょうね。
中途半端な知識だけで、現場を知らない人が多すぎる気がします。
生物と生物の関係が引き起こす問題の中で、「一番大きなダメージを与えてしまうのは人間だ」ということを理解できていないようでは、
真の意味での環境保全対策は成り立ちません。

今後も水辺基盤協会の活動にご理解とご協力をお願いいたします。