« 第8回 大野ダムクリーンアップ大作戦 春の陣 2006 | TOP | 第1回那珂川クリーン大作戦 53PickUp!2006 開催リポート
報告:住谷亮 »

第1回那珂川クリーン大作戦 53PickUp!2006 開催リポート
報告:吉田幸二

第1回那珂川クリーン大作戦 53PickUp!20066 参加リポート
報告:NPO 水辺基盤協会 吉田幸二

4月2日日曜日、
那珂川で第一回目の「53 Pick Up!」が開催されるので、
その応援に行ってきた。

今回の全国「53 Pick Up!」のメインスポンサーの一つである
WooDreamの塩澤社長と共に那珂川で清掃活動をした。
また、NPO水辺基盤協会から理事の榎戸と藤野が参加し、
サポートに福平がついた。

那珂川「53 Pick Up!」の責任者の住谷亮は、
スポーツインストラクターを生業としている。
そして、バスフィッシングを始めとして、
釣り全般が好きな釣りバカである。
そんな彼の元に集まった粋な連中は、
何と! 86名。凄いですねぇ。
遠くは福島県から100km以上の道程を駆け付けてくれた。
嬉しいこってス、ありがたいこってス。

ありがたいと言えば、
来週の4月9日、今回参加してくれた福島県のバス釣り仲間が、
水辺の清掃活動を開催するよ。
地道に自分たちだけで頑張ってきた彼等が、
今後目指す場所は・・・・・・やっぱり地域に根ざした地道な活動だ。
そんな彼等を応援しようと思う近隣の人は、
是非、このサイトにアクセスして欲しい。
そして、応援歌を一緒に歌って欲しい。
BASS FUN IWAKI

「53 Pick Up!」に関わらず、
水辺の清掃活動に参加するようなバスアングラーは、
バスフィッシングという釣りを通じて
釣り場の自然環境を考えるようになった人たちだ。
現在の日本の自然環境を憂い、
そして未来に夢や希望を持った人たちだ。
夢や希望は地域を救い、日本を救い、そして地球を救う。
「この釣り場はオレが守る!」。
この地元や地域を愛することに目覚めた人たちは、
必ず新しい地域、日本、そして世界を作る力になる。
オレたちのゴミ拾いパワー、そして燃えるこの魂を
絶やすことなく未来に繋げよう。
JGFAのスローガンである「楽しい釣りをいつまでも」は、
オレたちバスアングラーの心に秘めたる思いでもある。

060403_3naka.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/2648