« 第5回 伊自良湖53 Pick Up!冬の陣 2006 | TOP | 第5回 伊自良湖53 Pick Up!冬の陣 2006 »

第1回 新田川クリーン大作戦「53 Pick Up!」冬の陣 2006 開催リポート
報告:東 大吾

060413nitta1.jpg


佐賀県・第1回 新田川クリーン大作戦「53 Pick Up!」冬の陣 2006
2006.3.26 53 Pick Up! in 伊万里 報告:水環境保全の会 東 大吾  

九州の西北部に位置する「いい仕事してますね~」
のコメントで有名になった古伊万里の積出港であった佐賀県では、
伊万里市の中にある新田川という地元アングラーには
熱いバススポットで、
第一回目となる新田川「53 Pick Up!」を開催しました。

初めての開催ということもあり、
どれくらいの人が来てくれるか予想もつかず、
不安なままの見切り発車という感じで参加を募りました。
でも、蓋をあけてみれば取り越し苦労で、
近隣のバサーはもとより熊本県、長崎県、
福岡県のバサー親子まで参加してくれました。

当日はお天気もよく、ぱっと見は清浄な河川になっていました。
2~3週間ほど前に、県の土木事務所が草刈りをしたとのことでした。
しかし、実際ゴミ拾いに取りかかってみると、
続々といろんなものが......出てきます。
ペットボトルに空き缶、ビニール袋etc...
あっという間に回収場所はゴミの山!
中にはバイクや自転車などの大物や、
ペンキ・バッテリーなど本当に処理に困る物、
果ては寝具一式なんてのもありました。
わいわいがやがや、まるでレクリエーションをしているかのように、
笑顔でゴミを拾っている団体を
道行く人たちが不思議そうに見てたことが印象的でした。

参加メンバーの中には小さい子供たちもいました。
彼らも私たちとともに、その小さな手で大きなゴミを
汗びっしょりになって運んでくれました。
なんだか胸が締め付けられる気持ちになったのは私1人ではないと思います。

終了時間になって集合してみると、
予想を大幅に上回る大量のゴミに参加者全員の開いた口が塞がらず、
そのまま顎が外れそうでした。
しかし、参加者からは口々に、「またやりましょうね」。
「他のところでもしてくださいね」「次はどこでしましょうか?」
など活発な意見が飛び交いました。

この水辺の清掃活動を5年10年と長く続けていくことで、
同じバサーへの環境保全に対する意識や、
バサーの地位向上に少しでも繋がるのではないかと考えております。

今回、新田川クリーン大作戦を開催するにあたり、
ご協力いただきましたメーカー様、NPO水辺基盤協会様、W.B.S.様に感謝申し上げます。
また、この活動にご理解をいただきました新田川土木事務所
ならびに区長様にも心よりお礼申し上げます。

追伸
私ども「水環境保全の会」とは、4~5年前から2~3人のバス仲間で、
ゴミ拾いをしていたバサー同士が集まって、バス釣りの情報交換や清掃活動が
できれば......という個々の思いによって昨年結成した団体です。
現在32名(会長 東 大吾)

水環境保全の会ホームページ http://park22.wakwak.com/~mizukankyo/

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/2635