« 第9回霞ヶ浦防塵挺身隊 | TOP | 12月のゴミ拾い!------- 2005年12月 »

第9回霞ヶ浦防塵挺身隊 開催リポート
報告:吉田幸二

第9回霞ヶ浦防塵挺身隊 開催リポート
報告:吉田幸二

2005第九回霞ヶ浦防塵挺身隊・陸上部隊報告

12月3日に開催された霞ヶ浦防塵挺身隊の活動では、
普段行われている化学物質ゴミの回収だけではなく、
有機ゴミの回収も行われました。

流木や竹の棒などの有機ゴミが岸辺に流れ着くと、
打ち寄せられる波や風の影響で、
生育している水生植物帯を潰してしまう可能性が高いからです。
そこで、今回はチェーンソーを出動させて、
これらの流木や長尺の竹なども水辺から取り除く活動を行いました。

0512091.jpg

ブィ~ン、ギュイ~ン。
チェーンソーのエンジンが軽快に回り始めると、
水揚げされたぶっとい流木は次々に切断されて行きます。
この様に小さくなれば、運搬するのも処理するのも楽です。
今回はチェーンソーの達人が参加してくれていましたので、
ぶっとい流木も簡単に処理することが出来ました。
達人、是非、今後の参加もお願いしますね。

切断された流木や回収された有機ゴミは、
一旦水辺に集められてから、さらに陸上運搬班が国土交通省の
霞ヶ浦河川事務所土浦出張所内へと運び込みます。
この運搬では、リヤカーや軽トラックが活躍しました。

0512092.jpg

この場所は急斜面で、水辺からのゴミ運搬がしがたい場所でしたが、
さすが人の力です。こんもりと山盛り状態だった有機ゴミも、
陸上運搬部隊の活躍でアッと言う間に片付けられ、
何もなかったかのようなきれいな水辺になりました。

0512093.jpg

ゴミのない美しい水辺......それは見果てぬ夢なのかも知れませんが、
可能性はゼロではありません。
人々が一致協力しあって、流域住民が決起活動すれば、
ゴミのない美しい霞ヶ浦は構築できるでしょう。
今はそのための努力を続けます。
ゴミのない美しい霞ヶ浦の構築に成功すれば、
犯罪のない霞ヶ浦も生まれると信じるからです。

ゴミのない霞ヶ浦に向けて小さな努力であっても、
それを続けていくことが今は大事なのです。

参加下さった皆さん、お疲れさまでした。
霞ヶ浦のゴミの現状を参加者全員がしっかりと認識でき、
これらを少しでも除去できた爽快感や心の満足感は、
私たち参加者だけが共有している宝物です。
ご苦労様でした。今後も頑張りましょう。

           霞ヶ浦防塵挺身隊隊長 吉田幸二

●ボート部隊・9名
村川勇介、須田昭博、松村 寛、升 秀夫、升とし子、
堤 定一、布川昭男、齋藤匡宣、盛 隆弘、
●ウェーダー部隊・7名
渡辺 学、安藤 崇、上野 創、竹川正孝、須田孝文、
須田吉宏、榎戸 富、
●陸上回収部隊・15名
竹川浩美、中川政憲、小林研一、久米弘行、新井哲也、
横山鉄夫、宮原康郎、江田嘉穂、市村政典、松井 、
藤井 、小野塚 、高野佳明、西野 、橋本 、
●陸上分別部隊・11名
稲川栄子、藤野佳織、吉田幸二、吉田圭子、吉田 杏、
岩波嶺雄、真山淑枝、石津昭三、他3名
●勉強会講師・4名
浅野満夫、川又文夫、平山冨茂、渡辺 学、
(敬称略・順不同)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.npo-mizube.org/mt/mt-tb.cgi/2593